プロフィール

ひな

Author:ひな
嵐の大野くんを愛情たっぷり応援中♪
sunriseは日の出。
以前にもブログをしていましたが、新たな気持ちで大野智くんを応援したいと2011年6月からここでブログを始めました。
嵐さんと大野くんは、大切な大切な宝物のような存在。
マイペースで、想いをここに残しています。


嵐さん、大野くんには
あったか~い風を
送り続けたい。

いつだってそんな想いで更新中☆

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のことだま5(大野くん MOREインタビュー)

Category : 嵐のことだま
6月に前のブログからこちらに引越ししてきた時に、連れてきたい記事を移動させてました。
その時にこれは連れてきたいなぁと思って連れてきてたの。

自分では嵐のことだまシリーズって呼んでいます。
ことだまって、言葉に魂があるとか力があるとか・・・いろいろ言われてるけど、
言葉に出した事が、その通りの力を持つ・・・という意味合いがあるのではって私、いつも思っていまして。

嵐を猛勉強中に、嵐のメンバーが発する言葉や歌詞に、それを強く感じてならなかったので、書いて残しておこうと思ったんです。

この4つが、今年の1月から少しずつ書いてた嵐のことだま記事です。リンク貼ります。(こちらに連れてきたのは6月です)一つ一つ、とても長いのですが、その時々、心を込めて書いていましたので、是非リンクに飛んでいただけると嬉しいです。

1、嵐のことだま1(相葉くんのお手紙)

2、嵐のことだま2(松本潤くんの歌詞)

3、嵐のことだま3(櫻井翔くんのリリック)

4、嵐のことだま4(二宮くん連載『It一途』)

ずいぶん前に書いた記事なのに・・・
大野くんのことだまだけは、なかなか書けずにいました。

いつも彼の生き方に感銘を受けている私ですが・・・
語らないから。
自分のことは口にださないから・・・あの人。

特にね、嵐さん達が嵐の事を語る言葉が大好きで。
で、メンバーのことだま集めが始まったんですけど。

今まで、昔の雑誌も含めてずっと書けずにいたんだけど
今年発売のライブDVDのインタビューを見た時も書こうかと思ったんだけど・・・
MOREにね、やっと見つけたよ。

リーダー大野智くんのことだま。

私が大野くんを好きになったのは2009年。
その時はね、知ればしる程「芸能人でいるのが、本当にこの人の幸せなのかな・・?」って
いつも思っていました。どうしよう、こんなに好きなのにいなくなっちゃったら・・・と思ったりして、大好きな先輩ブロガーさんのコメント欄でその思いを相談してみたり。

それはその時までの雑誌など、読みあさっていたからそう感じたんだけど・・・
実は、ちょうどその時からくらいだったんだね。

「嵐の活動を心から楽しめるようになったのは、ぶっちゃけ、デビュー10周年の頃、それまではずっと迷ってた。・・・途中略・・・いつも心のどこかで逃げたかった」

やっぱりそうだったんだ・・・
それまでの雑誌、某チューブで必死に見てた当時までの映像、大野くんの表情に。
それを感じとってたんだねぇ、新米ファンながら。
なんだかこの記事を見て、涙が溢れました。

大野くん、嵐でいてくれて本当にありがとう。
大野くんがいなかったら・・・そう考えるだけで震えが止まらなくなるくらい怖いです。

では何故大野くんは、いつも心のどこかで逃げたかった芸能界にいてくれたのか。
芳麗さん、ありがとう。芳麗さんの言葉が、大野くんの言葉を引き出してくれました。

「中略・・・求められたらやるしかないって・・・これまでだって壁を乗り越えてきたんだし・・・そう完全に思えたのは嵐の10周年の頃だった」

求めてきたのは、ずっと応援してきたファンの皆さん、そしてスタッフのみなさん、嵐のメンバー。
新米ファンとしては、感謝の気持ちが止みません。
ずっと大野くんを支えてきてくださって、ありがとうございます。

大野くんが語る、嵐のメンバーについての言葉もよかった。
聞いたことのある内容っぽいんだけど、今までとは少し違う。本当にこの人、リーダーなんだなって。
深い愛情を感じました。

先日のVS嵐の時もね、 「立ち位置難しいよね」発言ね。
難しくないよね、怪物くんチームを全うするのが役割なんだもん。
あの発言と表情に、大野くんの嵐に対する愛情と、嵐と自分を切り離して考えられない大野くんの不器用さを感じて、またまた好きになりました。

ことだま・・・
言葉に出した事が、その通りの力を持つと信じてる私ですが。
こんなにも、言霊を信じたくなったのは、大野くんの最後の言葉です。

「嵐に関して言うと、やっぱり5人じゃないとイヤだって。5人で活動する嵐でいたいし、それを見せたいって年々思う。」
----じゃぁ大野くんも嵐でいないと。
「そういう事になるか(笑)」

涙が止まらなかったの。
あぁ、ことだまシリーズ、やっと書けるなって。
ファンになって2年間、ずっと聞きたかった言葉。
5×10の歌詞は、嵐のみんなからの歌詞を集めてニノが合わせてくれたんだけど。
「5人でいる。ずっといる。」をリーダーから聞けた安心感。

じゃぁ、大野くんも嵐でいないと・・・そういう事になるか(笑)・・・

嵐のメンバーが、こんなに素敵な人たちだったから、5人でここまで来れたんだね。

嵐のみんながずっと幸せでありますように。
笑っていられますように。応援しています。


嵐のことだまシリーズ最終回でした☆
とか言いながら、また書いちゃう時が来るかも(笑)

===============================
拍手コメントのRさん、さえさん、きぃさん、ぷよぷよさん、サスケままさん、はづきさん、Tさん、いっこ前の日記にお返事書きました。
覗いて行ってくださると嬉しいです。



いつも拍手、応援ポチ、ありがとうです明日(あ、今日)からまた怒涛の連勤だ!頑張るよ~~~~☆
*******************************
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

嵐のことだま4(二宮くん連載『It 一途』)

Category : 嵐のことだま
またまた記事を連れてきました。

今日はニノ、嵐友さんに見せてもらってる、雑誌MOREの連載『It 一途』から
随分前からこの連載をやってるみたいなのですが、ニノらしい言葉の数々で、大好きなんですよねぇ。
大野くんの連載なら全て購入ですが、毎月このページは立ち読みしに行きます。
この回は借りてきました。その嵐友さんによると「この回は必見!!」らしいです。2009年の記事です。

11回目『It 一途』から少し。

デビュー10周年に作られた歌、『5×10』はニノが作詞をまとめています。

にの「他のメンバーからメールをもらって、まとめただけ。でも、自分なりにいろいろ考えたの。聞くほどに発見があって、うたったり、みてもらうと、更にぐっとくる感じにしたくて。絶対入れたかった言葉の一つが 5人でいる、ずっといる。っていうところ。5人でステージでこのフレーズを歌ったら、理屈抜きで感動するかなって。だって実際ずっと5人でいたわけじゃん。6人じゃなくてね(笑)」
嵐について。
にの「5人とも変わらないんだよね、外からの影響は受けて成長はしてるだろうけど、本質が変わったわけじゃない、翔くんのキャスターだってずっとやりたかったことが形になっただけ。リーダーの個展も相葉くんのバラエティも、元の自分を生かしだけだから、内面的な変化ではないと思う。実際に変わらないからこそ、嵐は今もああいう関係性を築けてるんだろうしね。おれも何にも変わらないよ、変われないんじゃなく、変わりたくないの。変われないなら今もっと老けてるよ(笑)。心のどこかで変わらないことがすごいんだって、絶対思ってる。時代に合わせて変わり続けるのも能力だけど、都合よくころころ変わられると残念な気もするし。オレ、変わらない進化形を信じてるから。」
「自分たちが変わってないつもりだから、いま『嵐のチケットが全然取れない』って言われても、実感わかないの、昔はけっこう余ってたんだけどなぁって(笑)。時代は回り続けてるけど、オレ達はずっと本気だったから。ダメでも不器用でも小さな会場でも大きな会場でも変わらずにその時できる事を本気でやり続けてきたし、・・・・それが嵐なんだと思う。そんなオレたちをいろんな人が見つけてくれて、バカだなぁって見守ってくれてる事に幸せを感じる。それを一番実感するのがコンサートなんだよね。」

変わらない・・・だからどんな昔の録画をみても違和感が無いんだと思います。本当に、国立競技場でもアリーナコンサートでも、嵐さんの雰囲気と本気度、変わらないなぁと思います。なんで当時気づかなかったんだろう・・・
自分達の意思を貫き通す嵐さん達だからこそ、だれのことだまにもブレがないんですね
だから、言葉にしたことが叶っていくのかな。

二宮和也くんの、ことだまでした。記事を打ち込んだだけなので、間違ってる箇所もあるかと思います、すみません。

さぁ、次はシリーズの締めくくり、嵐のリーダー大野くんのことだまの回になる予定ですが、あの方、言葉に出す言霊という意味では語れなさそうです。あ、でも言霊ですから、ちゃんとそれは踏まえますよ。いつになるかはわかりませんが、必ずリーダー大野くんに締めくくってもらいます。



と書いてから数ヶ月。。。
未だに大野くんのことだま記事は書けていません。
いっぱいありすぎて書けないの。
そう、いつも私、大野くんの事になると冷静さを失ってしまうんです。好きすぎて。
でもそろそろ、この新しいブログにこれだけ記事を連れてきてるんだから書かないと・・・(汗)
===========================================================================================
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村


嵐のことだま3(櫻井翔くんのリリック)

Category : 嵐のことだま
また以前からのブログ記事を連れてきました。
過去の記事です、ご了承ください。


今日は翔くんのリリックについて少し。
って言いましても、私が語れるような、そんなものではないと思う、翔くんのサクラップ。翔くん担に怒られるわ{汗}
でもね、大好きなんです。だから応援日記として残したいと、そう思っています。
たくさんある翔くんのラップ詞の中で私が衝撃を受けたのは『Re(mark)able』、びっくりした{超びっくり}これが最初の印象。
だってね、嵐っていつもあの独特の雰囲気で、攻撃的な部分なんか全く見えないじゃないですか。
『Re(mark)able』は、そう、私は攻撃的だと思うんです、いろいろな捉え方があると思うのですが。
あれはね、私がはじめて見た嵐のDVD,2008年コンサート「arashi marks ARASHI AROUND ASIA 2008」に向けての意気込みや、嵐自身を歌ったメッセージソングなんですよね。曲名は「remarkable」の「注目に値する」という意味と、「mark」を強調することで嵐自身を指して、2つの意味を合わせ「嵐に注目する」という意味なんだそうなんですけれども・・・

とんでもなく甘い気象予報 曰く俺らは異常気象 (what?)
東から西へとかけて大移動 散りぢりばりに行くこの大気上
上へ上へあがり昇る軌道 そう空中飛行
雲々集まり 雨よ降りて固まる地上

最初の1行目が好き。嵐の今を予想できた人はいるのかと。予想できなかっただろと。
最後の1行・・・雨よ降りて固まるだって。鳥肌ですよ。

類を見ない程にじわりじわり進み行きここ東京の中心から世界へ羽ばたく
大空から地上へと瞬く
未だ決してて何一つ変わらず
ありのまま何一つ飾らず
08ARASHICK 再発 船出の前に一つ挨拶
未開拓地をまたまた開拓 LIGHT UP! 聴衆燈せ 松明

そう、じわりじわりと。
そう、なに一つ変わらず、飾らず。そこに私たちファン、やられてるんですよ。類を見ないほど。
DVDメイキング映像では 今だ聴衆燈せ松明 と、一段階前の詞が聞けて嬉しかったですね、あ~翔くん、こんな感じで書いてるんだなぁって。

"研いだ爪隠し牙を向く"

ここ!!!!ここね、嵐の攻撃的な部分。最初に聴いたとき、なんだか涙があふれ出たんです。秘めた思いを言葉でぶつける翔くん、かっこいい~

この五つの輪がまたもや集まり さすらい 侍 聖地に赴く
話はそう歴史に基づく 全てを覆う 強風 
兔よりもカメ進む猛追 耐えきれずいまじゃ大洪水
そう類を見ない程にじわりじわり進み行きここTOKYO

この4行に集約されてますけれども。
兎よりカメの猛追・・・そして大洪水なんですよね。
しかもこの時よりも2011年の今はもっとです。
CDや、DVD売り上げや、いろいろな例がありますが、ファンクラブの人数からみても・・・
昨年の1月かな、私がファンクラブに入ったのは。
その時でね、60万番くらい、ファンクラブの番号が。
もう少ししたら娘も入りますけど、娘の番号は一体何十万代なんだろ?もしかして100万越えしてるのかな?
大洪水、その通りです、翔くん。

話は少しそれましたが、語りつくせない程翔くんのラップ、大好きなんです
嵐が好きになる前は、わからなかったラップの魅力、翔くんが教えてくれました。
『Re(mark)able』の事だけ書きましたが、『サクラ咲け』『still・・・』など、心のこもったラップも好き。
最近では『movin‘on』には泣かされました。
そして『マダ上ヲ』『T・A・B・O・O」にはドキドキ。

若干大野くん贔屓ではありますが、(いや、若干ではないなぁ…)でもやっぱり5人のファンだなぁと実感する今日この頃です。これからも、変わらず5人を応援していきたいと思っています{キラリ}
ちなみにこの『Re(mark)able』、ラップ詞は翔くん、歌詞はR.P.P.さん、大野くんの『静かな夜に』を作詞した方なんですよぉ{ラブ}

ことだま・・・古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力、発した言葉どおりの結果を現す力。
嵐のことだま、まだまだ追求していきたいですね


書いたのが今年のはじめのほうです。
今はファンクラブの人数が105万人を越しました。どこまでだ~この人気!!

次はにのちゃんの言霊です。
================================================================
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村

嵐のことだま2(松本潤くんの歌詞)

Category : 嵐のことだま
またもう一つのブログから今日も連れてきたい記事を連れてきました。
今日は松潤のことだまです。これも今年の1月に書いた記事です。


まだやるんかい!ことだまシリーズみたいになってますが、
先日は相葉くんのメンバーへの手紙についての私の感想を書いてみました{キラリ}
今日は松本潤くん作詞の『La Famillia』について少し
嵐結成5年コンサート、「いざっNOWツアー」での松潤ソロ曲です。

途中からだけど・・・
↓歌詞
5年後はどうなっている?毎日楽しんでいる?
今よりも自分も他人も信じられるようになっている

ここで待っている 笑ってる5年後の未来が待っている できればすべて届けたい
手紙に書いた願い
ここから続けていく道
みんなに届け長道
1人で走る トップランナーが横に並んで走る道

その時誰がそばにいるだろう
きっと5人でいるだろう
まわりを見れば今だって
あなたがいる みんながいる

まだまだ英語の部分などもあって、それを含めてホントにいい歌詞だなぁと思うんです。
本人が作詞しているのがいいですよね。
『5×10』の歌詞の中にある
「ここに立ってる、ぼく達が今、輝けるのは、君がいるから、5人でいる、ずっといる」
これはアンサーソングみたいに感じるなぁ・・・

いつも私が勝手に言っている、嵐ファン2010期生。
けっこう可哀相なんですよ~、だって気づいた時には10周年も終わってたんですから。
いろんな盛り上がりをリアルタイムで見れなかったのが悔やまれるんですよね、
10周年終わってから5×10の歌詞に感動したり、風を送れずごめんねって思ったり。
嵐ファン先輩のその時の気持ちも、たまに聞く機会があったら聞いてみて、羨ましいなぁなんて思ったり。
大野智くんファンとしては2008年にファンでなかった事が別にまた悔やまれたり・・・
ははははは{超びっくり}そんな事言っても仕方ないんですけどね~{笑}
2010期生の方、ここにもし来てくださってる方がいたら、これから10年、存分に応援しましょうねっ{ガッテン}

松本潤くんのことだまでした{キラリ}
================================================
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村

嵐のことだま1(相葉くんのお手紙)

Category : 嵐のことだま
またまたもう一つのブログから、連れてきたい記事を連れてきました。

嵐さんって、まっすぐに、謙虚に、楽しく、一生懸命な人たちなんですよね。
いろいろなことだまがあるのですが、今日は今年の1月に書いた記事を持ってきました。
またつじつまが合わない部分もあるかもしれないのですが、ご了承ください。



嵐のファンになって丸一年・・・勝手に2010期生などと言ってる私ですが・・・
1年くらいのファンがね、語るなんて恐れ多いのですけど・・・
やっぱり昨日言霊を語ってしまったからにはこの話はどうしてもはずせないなぁと思って{スマイル}
だって、これを最初に某チューブで見たときは、すごいなぁって。涙が止まらなかったんですよ。
嵐ファンの皆様ならご存知の、2004年の24時間テレビの「メンバーへの手紙」

今はね、全てのシングルが年間トップ10になることが当たり前のような嵐ですが・・・
これを相葉くんが読んだ2004年はといいますと
嵐としての活動は少し低迷というか、・・・今のような感じではなかった時期みたいです。
少なくともその時の私は、ごくせんでの松潤、木更津キャッツアイでの翔くんが、ジャニーズの子で、確か嵐というお天気に関する曲を歌っているグループだよな・・・ってか嵐って何人?他のメンバーは知らないなぁ・・・という認識でした。(今思うと悔しい!何やっってたんだ、私・・・と後悔ばかりなのですが)

その時に相葉くんが読んだ、メンバーへの手紙の内容なのですがね。
「嵐のみんなへ。
嵐に対する僕の気持ち、書いてみました。
デビューして5年がたつね。
本当に色んなことがたくさんあったよね。
辛い時、苦しい時、楽しい時、いつも一緒にいたよね。
最近は1人1人でも仕事させてもらえるようになってきて、
みんなの仕事を見てると本当に刺激を受けるし、最高に嬉しいんだよね。
僕にとって嵐はよい仲間であり、よいライバルです。
ただ、僕には今思い出しても、みんなに迷惑を掛けて申し訳なかったと思うことがあります。
僕が肺気胸で入院した時、あの数日間はメンバーの事が頭から離れませんでした。
僕が行かなきゃいけなかった仕事も他のメンバーに行ってもらったり。
その時に出来た右胸の手術の痕、今では見るたび頑張ろうって力をもらいます。
みんなには本当に感謝しています。
普段は恥ずかしくて口に出して言えないけど、この場を借りて言います。
松潤、誰よりも嵐のことを考えてくれてありがとう。
ニノ、場の空気、嵐の空気を読んで、みんなを盛り上げてくれてありがとう。
翔くん、こんなにバラバラな5人をうまくまとめてくれて、ありがとう。
最後にリーダー、大野くん、リーダーらしいことなんてあんましてもらったことないけど、
その存在と人柄にいつも助けられます。
ありがとう。頼りにしてるよ、リーダー。
これからも5人で力を合わせて頑張っていこうね。
最後にオレらがいつも口を揃えて言ってる、
トップになりたいっていう夢、絶対叶えようね。
嵐で良かった。 相葉雅紀」

すごい・・・今はねぇ、5人の名前を知ってて当然な世の中ですが、当時、私があんな認識だった時にですよ、あの5人はいつも口を揃えて言ってたんですよ、「トップになろうね」って。
今は5人の性格など、露出が多いからキャラや仲良し度など、いい感じ{YES}って思っている人も多いけど、当時の相葉くんが一人一人に言っている言葉って、今の嵐と何一つ変わってないと思うのです。

夢や目標をもつ、口に出して言う・・・そしてそれが本当になる。
まさに言霊ですね。素敵な言霊です{キラリ}
あ、もちろんそれ相当の努力をしてきたからだと思ってもいます。嵐猛勉強中に、彼らの並々ならぬ努力をたくさん知りました。これからも勉強するつもりですが。
叶うかわからない夢や目標って、人に話すって勇気がいりますよね。それを、あの場で言う相葉くんもすごい。
もしかしたら「いつも言ってるなんて言うなよ~」と思ってるメンバーがいたかもしれない。
相葉くんのいいところ、素直でまっすぐ!!そこも好きです。見習いたいです。
4年後の2008年も嵐は24時間テレビのパーソナリティをしてるのですが、その時は二宮くんがお手紙読んでます。
それについてはまた今度・・・

今日ね、職場で有線を聞けたんですが、嵐の曲がかかると誰かしら私のところにやってきて、「紅白みたよ、大野くんって歌うまいんだねぇ、踊りも」とか言いにきてくれるの。「モンスターっていい曲だよね」とか。やはり紅白ってすごいなぁ・・・
またファン増えたかも{超びっくり}コンサートチケットの競争率がまた上がってしまいます{涙}嬉しいけどヒヤヒヤ。

ずっと前から、まっすぐ一歩一歩、努力してきたこと、そして才能、そのうえ癒しの存在感であったこと、いろんな要素を持ってる5人のことは、知れば知る程奥が深いです{YES}
そんなずっと前からそれを応援し続けている嵐ファンの先輩がた、もしこのブログにたまたまたどり着いていただいたりしたら、新米ファンの私がこんなに知ったようなこと言ってすみません{汗}間違ってる点などあればご指摘くださいね。そして、ずっとずっと嵐さん達に風を送り続けてきてくださってありがとうございます。先見の明を尊敬しています。

今日はコンサートの時なみに嵐について書いちゃった{ラブ}
相葉くんの、ことだまでした。

明日はまた松潤のことだま記事を連れてきます。
=====================================================
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村

メールも、お待ちしています♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

カウンター

SUNRISE閲覧中♪

現在の閲覧者数:

記事ランキング

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
722位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アイドル
359位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。